1971年
6月
28日
三石クラブがスポンサーとなり会員22名で創立、初代会長は落合敏博、特別代表は佐々木初之助(三石RC)、会員の平均年齢は43.4歳
1972年
5月
7日
静内ロータリークラブ認証状伝達式を挙行
1973年
6月
27日
創立2周年第100回記念例会をうぐいす谷ホテルで開催
7月
4日
日高信用金庫静内支店からシズナイボウルに例会場を移転
1975年
1月
13日
当クラブ受入の交換学生ス−マッケルビ−嬢が豪州から来着
8月
17日
天理高校ブラスバンド演奏会開催、文化センタ−に千四百人の聴衆を集め盛会裡に終了
10月
29日
例会場を静内町商工会館会議室に変更
1976年
5月
16日
創立5周年記念式典静内文化センタ−で開催。記念演奏会として滝川市立江陵中学校ブラスバンドの演奏会を開催。
7月
クラブ細則を改正し年会費を9万円とする
27日
この年度よりクラブ会報は月報を週報に改める。
10月
3日
東北・北海道5地区連合年次大会が札幌アイスアリ−ナで開幕し当クラブは20名出席、ロータリー財団貢献賞受賞
1977年
7月
1日
全国の地区番号変更により第351地区は第251地区と変更。
8月
24日
有珠山爆発で洞爺地方罹災、義援金を募集し洞爺RCに贈る
1978年
7月
例会場を静内文化センタ−に移転
1979年
3月
3日
第5分区IGFを千歳市で開催、会長以下15名が参加
12月
12日
財団委員会を国際奉仕委員会の小委員会とし、青少年担当理事を置く
1981年
5月
17日
静内RC創立10周年記念式典・祝賀会を日高地方婦人会館で開催
1982年
3月
21日
浦河沖地震発生のため日高各地に被害
4月
4日
様似町中央公民館でIGF開催、地震被災のため懇親会は中止
5月
静内警察署佐藤署長が増加する少年非行の問題点について卓話
7月
本年より年会費を9万5千円に改正、青少年委員会を社会奉仕委員会から独立させ委員長を理事とする
青少年委員会が非行防止折込チラシ・ポスタ−・看板を作成配布。
1983年
9月
青少年委員会青少年非行防止のチラシを作成し町公報と共に全戸に配布
28日
静内町青少年対策室長の長谷川勝虎氏が青少年の非行問題について卓話
1984年
青少年委員会が非行防止啓蒙看板を町内5ケ所に設置
4月
1日
当クラブのホストで第14回第5分区IGFを日高地方婦人会館で開催
5月
7日〜14日迄ファイヤーサイドミーティング5ケ所で開催、青少年の健全育成が話題
6月
30日
少年少女キャンプ特別委員会を設置し委員を指名
7月
11日
例会場をしずせん会館3Fに変更
251地区の分区再編成により日高地方だけの第8分区が誕生。
8月
9日
青少年健全育成事業として第1回北海道少年少女キャンプを開催、小学4年生から中学3年生の少年少女、3泊4日、参加者は111名。
10月
28日
少年少女キャンプ参加者を対象に「少年少女のつどい」を開催、講師として修養団より矢野教育普及部長と久世講師来静。
1985年
7月
第2回北海道少年少女キャンプを開催。
1986年
7月
第3回静内少年少女キャンプ開催、参加者60名、リ−ダ−25名。
1987年
5月
ポリオプラス運動のためテレホンカ−ドが作成され、当クラブもこれを活用することに決定
7月
第4回静内少年少女キャンプを開催、参加者82名、リ−ダ−21名
1988年
10月
第251地区年次大会が札幌市民会館で開催、当クラブはRI会長・ポリオプラス協力優秀賞・会員増強優秀賞を受賞
1989年
5月
第8分区第5回IGF静内で開催、参加者150名
7月
第6回静内少年少女キャンプ開催
10月
第251地区年次大会が小樽で開催、各種表彰ではRI会長賞・ロータリー財団貢献優秀賞・青少年奉仕優秀賞を受賞。前日北海少年院・紫明学院を見学
1990年
7月
森林資源保護意識高揚のためクラブ会報に再生紙を使用クラブ事務所にファクシミリを導入
第7回静内少年少女キャンプを開催、参加者107名、徳島県脇町からも少年少女8名が参加
20周年事業の一環として静内少年少女キャンプにあわせ「青少年の健全育成を語る野外ふれあいフォ−ラム」を開催、約百名の関係者が参加
8月
午前7時より公民館で早朝例会、生涯学習案内板・学びの窓口案内板・窓口表示文字の3点を公民館に贈呈
10月
14日
創立20周年記念式典挙行、登録は約150名、式典の音楽演奏は陸上自衛隊音楽隊、式典開始前に伊奈かっぺい氏の公開講演会を開催、一般入場者580名。祝賀会は染退太鼓と音楽隊で賑やかに終了
1991年
5月
職業奉仕委員会で緑ケ丘バレエ村田高生氏に職業奉仕賞を、静内町婦人団体連絡協議会と新冠雑魚の会に環境保全奉仕賞を贈る
7月
静内クラブの定款・細則を印刷し、会員に配布
本年度より第251地区は第2510地区と改称
27日
第8回静内少年少女キャンプを開催
10月
29日
修養団が婦人会館で開催した『シンプルライフ婦人の集い』を後援、講師は修養団中山靖雄常務理事と久世郁夫講師、142名が参加
30日
静内少年少女キャンプリーダーの鱗川加代子さんと野表悦子さんに青年功績賞を贈呈。
11月
創立20周年記念誌が完成
12月
ネパールの子供に本を送る事業を国際奉仕委員会が提案、会員からの寄贈200冊を送付
1992年
5月
9日
午後2時半洲本RC25名脇町RC5名が来訪。当クラブ会員と訪問団一行は真歌公園に黒松の苗を記念植樹のあと午後5時からシャクシャイン記念館で歓迎例会と懇親会を開催
7月
年会費を15万円に改正
27日
第9回静内少年少女キャンプが静内町で開催の全道公民館大会視察コースに設定され、社会教育関係者の理解を深めた
29日
全道公民館大会で修養団常務理事中山靖雄氏が講演。
1993年
5月
12日
温泉の森に栗の成木7本を植樹後、マイクロバス2台に分乗し例会場前を出発、20間道路桜並木を経由して高見ダムに到着、北海道電力静内電力所職員の案内で10万kw2基の発電機を運転する高見発電所を見学
6月
クラブ細則を改正、幹事・会計・会場監督を職務理事に、第1副会長を会長エレクトに改称、入会金を2万円とする
7月
第10回静内少年少女キャンプを開催、100名の少年少女が参加。
25日
静内少年少女キャンプ開催10回記念事業としてロシア・ノボシビルスク市の野球少年団を招聘し、静内町の野球少年団との交流試合のあと公民館で交流会を開催し野球用具をプレゼント
10月
2日
2510地区親睦野球大会が札幌商工会議所メモリアルグランドで開催、静内RCは準優勝ながら甲子園に出場決定
11月
10日
静内少年少女キャンプリーダーの小田敬介君と高木忠明君に青年功績賞を贈呈、静内町優良青年表彰を推薦
1994年
4月
6日
交通安全教育用ミニ信号機と道路標識セット(46万円相当)を静内町に寄贈
13日
静内高校にインターアクトクラブの創立を計画し、臨時総会でクラブ細則を改正、インターアクト委員会を設置
5月
14日
地区年次大会が札幌市厚生年金会館で開催、活動写真パネル展に青少年キャンプの写真を展示、寛仁親王殿下の記念公演の後、ホテルロイトン札幌で大懇親会、静内RCは33名参加
18日
静内高等学校インターアクトクラブ結成式を静内高校で開催、静内RC会員25名が参加
6月
25日
真駒内青少年会館でインターアクト年次大会が開催、静内高校インターアクター4名、顧問教師1名、細川インターアクト委員長が出席
7月
27日
第11回静内少年少女キャンプを開催
8月
1日
インターアクト海外研修が韓国ソウル市へ出発、インターアクター2名と顧問教師1名、インターアクト委員長、国際奉仕委員長、インターアクト委員が参加
1995年
2月
8日
静内少年少女キャンプで3年間リーダーとして協力した野表幸子さんに青年奉仕賞を贈呈
地区年次大会に会員34名、インターアクター5名が参加、フォーラムのパネリストとして山田一孝会員が「静内クラブの青少年健全育成活動」と題し静内少年少女キャンプについて発表
7月
27日
第12回静内少年少女キャンプを開催
8月
1日
インターアクト海外研修(韓国ソウル市)に顧問教師と生徒5名が参加
19日
当クラブの当番により、全国ロータリークラブ野球大会の予選にあたる「第2510地区親睦野球大会」が真歌球場と古川公園球場で開催、静内チームが優勝、来年5月に甲子園球場で行われる全国大会に出場が決定
1996年
2月
11日
三石においてIMが開催され、登録数136名(静内RC40名)
5月
1日
早朝例会はパークゴルフを実施、終了後7時半に甲子園で開催の全国ロータリー親睦野球大会に選手団が出発。
7月
27日
第13回静内少年少女キャンプをうぐいす谷キャンプ場で開催、リーダー20名、キャンパー68名が参加。
29日
インターアクト海外研修(韓国ソウル市)に松沢顧問以下3名のインターアクターが参加し8月2日帰国。
11月
3日
インターアクト1日研修が幌南RCがスポンサーとなり札幌商業高校で開催、静内高校IACから松沢顧問他3名と静内RCから山田明委員長が参加
1997年
2月
9日
次代を担う若者の集い「ヤングディスカッションinしずない」を主催、静内高校・静内農業高校の生徒20名、教師5名、静内RC会員10名が参加し、講師として静内町教育委員会社会教育主事永崎広美・阿部晃二の2氏が参加、身だしなみ・いじめ問題・若者が集まる施設・商店街形成・交通機関などについて若者の立場から意見が出された。
6月
14日
インターアクト地区年次大会が静内温泉で開催、参加9クラブとペテカリの園職員及び園生、ロータリアンなど150名が参加
7月
27日
第14回静内少年少女キャンプを開催、72名が参加。
1998年
5月
4日
静内ロータリークラブ杯桜舞サッカーフェスティバルが左岸サッカー場で開幕、16チーム400人が参加
7月
27日
第15回静内少年少女キャンプを開催、リーダー16名キャンパー34名と低調。
29日
社会奉仕委員会の事業として一般町民30名を交え昆虫調査を実施、ホタルやクワガタの生息を確認し成果をあげる。
8月
4日
インターアクト海外研修(韓国)を実施、インターアクター3名と顧問教師、山田明会員が同行。
9月
5日
札幌メモリアル球場で地区ロータリー親睦野球大会が開催され、静内チームが優勝し甲子園出場決定
1999年
1月
ガバナーよりポリオプラスパートナープログラムへの協力要請があり、静 内RCとして5万円、会員1人1,000円の拠出をする事に決定。
5月
4日
静内ロータリークラブ杯桜舞サッカーフェスティバルを開催。
19日
臨時総会を開催しクラブ細則を改正、青少年委員会を新世代委員会と改称
31日
全国ロータリー親睦野球大会(甲子園)に選手・応援団31名が参加、
7月
27日
第16回静内少年少女キャンプを開催、キャンパー47名
8月
2日
インターアクト海外研修(韓国ソウル市)にインターアクター3名参加
2000年
5月
4日〜5日に開催の桜舞サッカーフェスティバルに創立30周年記念事業としてロータリー杯を調製。
7月
19日
第17回静内少年少女キャンプ参加者不足によりやむなく事業中止を決断
2001年
4月
在来の分区をグループに、分区代理をガバナー補佐に改称。
5月
4日
ロータリー杯桜舞サッカーフェスティバルが開幕