2017−2018年度 委員会委員名

委員会名
委員長
副委員長
委員
真下  明
富岡  豊
 各クラブ運営の委員長
石垣 勝英
日暮 孝男
 川村  学 ・ 近藤 忠義
福原 啓介
奥田 順啓
 遠藤 敏弘 ・ 樋渡 祐士 ・ 不動 新作
四ツ谷義道
富岡  豊
 小國 和紀 ・ 北上 美徳 ・ 櫻井 裕美
 土屋 祐喜
雑誌・広報委員会
(雑誌・広報・IC担当)
荒川 雅喜
海原 弘行
 小坂 政成 ・ 杉田  清 ・ 田頭 喜秀
組織増強委員会
(会員増強・職業分類担当)
山口 俊秀
福田 義信
 掛川  亨 ・ 谷  勇市 ・ 樋口 和美
長浜 和也
不動 新作
 嵐  忠一 ・ 山田 一孝
不動 信之
安達 徳隆
 柴田隆一郎 ・ 行方 将泰 ・ 細川 好弘
市毛  満
宮崎 幸夫
 加地 明子 ・ 小松 幹志 ・ 藤沢 澄雄
 
山口 一史
大森 康正
福嶋 尚人
 平野井 繁 ・ 本庄 康浩 ・ 見上 久義
 渡辺 利晴
佐藤 雅裕
西村 和夫
 川島 伸二 ・ 草野 喜昭 ・ 武岡 大佶
吉田徳一郎
山口 央志
 阪井 貞男 ・ 清川 里美 ・ 谷岡 康成
 規定委員会
 (定款・細則・情報・会員選考担当)
増本 裕治
中山弘三郎
 山田  明 ・ 山田 一孝 ・ 荒川 雅喜
柏谷 孝夫
長部 淳子
 在田 恒昌 ・ 谷本  亮 ・ 浪岡 雅一
 
廣島 貴史
 
 

 
 
 
 
 
委員長 真下  明  副委員長 富岡  豊  委員 各クラブ運営委員会委員長

活動方針
 
クラブ運営が円滑に行われる様、各クラブ運営委員会委員長との意志疎通を図り、会長の下、本年度の事業計画に基づいて事業の推進に務めると共に、次年度のクラブ運営活性化に繋げる委員会運営に務める。
 
活動計画
  1. 各委員会相互の調整により事業計画の実行に努める。
2. 会員の意見集約の場を設け、次年度活動の指針とする。

 
 
 
 
委員長 石垣 勝英  副委員長 日暮 孝男  
委 員 川村  学 ・ 近藤 忠義

活動方針
 
例会出席者の取り纏めをし、例会の運営をスムーズにする。 また、メーキャップ等の管理をし、出席率を把握する。
 
活動計画
 
年度初めに年間スケジュールを作成、送付し、出席しやすい状況を作り、出席率の向上を促す。
・出席率をクラブ会報に掲載し、会員の出席率が分かるようにする。
・例会出席率100%の会員にバッチを贈呈します。


 
 


 
 
委員長 福原 啓介  副委員長 奥田 順啓  
委 員 遠藤 敏弘 ・ 樋渡 祐士 ・ 不動 新作

活動方針
 
クラブ会報を通して、クラブの現状及び委員会等の活動状況を会員に周知し、会員相互の理解と意識の向上に寄与する。
 
活動計画
  ◇会報は週一回を目標に発行することに努力します。
◇会報には次の事項を掲載するように務めます。
  ・会長の時間
  ・理事会の決定事項で重要な事
  ・幹事報告、各委員会報告事項
  ・その他、ロータリーに関する事

 
 
 
 
委員長 四ツ谷義道  副委員長 富岡  豊  
委 員 小國 和紀 ・ 北上 美徳 ・ 櫻井 裕美 ・土屋 祐喜

活動方針
 
親睦活動を通じ会員相互の友好を図ると共に信頼関係を深め、楽しく活気のあるクラブ運営に貢献する。
 
活動計画
  1. 観桜会、ロータリー家族会、年祝い等の実施
2. 親睦ゴルフ大会、パークゴルフ大会の実施
3. ロータリークラブ野球大会への参加・応援
4. 会員婦人の誕生日プレゼント。内容は花
5. 夜間例会時、会員が楽しんで親睦を深めて頂けるゲーム等の企画・実施
6. 第30回3クラブゴルフ大会の参加

 
 
 
 
委員長 荒川 雅喜  副委員長 海原 弘行  
委 員 小坂 政成 ・ 杉田  清 ・ 田頭 喜秀

活動方針
 
 まず、ロータリー雑誌「ロータリーの友」を毎月会員に配布してロータリー活動等への見識を深める一助とするとともに、「友」を公共的施設での閲覧に供し、広く一般の方々のロータリーへの関心と認知度を高める活動を行う。
 つぎに、広報活動の一環として報道機関に対して取材要請等を行う。また、ホームページを運用し、クラブ活動の広報に役立てる。
 
活動計画
 
1.
毎月『ロータリーの友』を配布し、例会でその記事を紹介して会員のロータリーへの関心や知識がより深まるように努める。
 
2.
新会員へのオリエンテーションとして「友」を活用してもらう。
 
3.
新ひだか町図書館等不特定多数の人々が集まる場所に「友」を備え付けさせていただき、一般の人々のロータリークラブへの関心と認知度の向上に役立てる。
 
4.
報道機関関係者を年度初めの夜間例会に招いて懇親を図り、ロータリークラブへの理解を深めて頂くとともに、静内RCの活動についてPRする。
 
5.
各委員会との連携を密にして的確な情報把握に努め、報道機関への迅速な情報提供と取材要請を行う。
 
6.
対外広報ツールとしてホームページを運用するとともに、ホームページの効率的な活用方法を検討する。


 
 

 
 
委員長 山口 俊秀  副委員長 福田 義信  
委 員 掛川  亨 ・ 谷  勇市 ・ 樋口 和美

活動方針
 
クラブ組織強化と活性化の為に組織強化は非常に重要であります。
人口減少並びに企業減少により、組織増強は容易ではありませんが、ロータリアンとして相応しい会員の増強を心がけ本年度は3名程度の増強を目標といたします。
 
活動計画
  幹事を交え委員会を開催するとともに、新会員発掘の為情報交換をし、組織増強に務める。

 
 


 
 
委員長 長浜 和也  副委員長 不動 新作 
委 員 嵐  忠一 ・ 山田 一孝

活動方針
 
クラブ会長の活動方針、クラブ運営方針を最大限に生かせるようなプログラムを計画します。ゲスト・会員卓話を重視し、会長・幹事・各委員会と連携を密にし充実した例会となるよう務めます。
 
活動計画
  活動計画はプログラムを参照。
ゲスト卓話予定者
札幌競馬場場長・日高信金理事長・土地家屋調査士・静内警察署長・越乃寒梅蔵元・2020年東京オリンピック馬術候補者・静内自動車教習所校長・食肉加工センター社長・(株)食美樂社長

 
 

 
 
委員長 増本 裕治  副委員長 中山弘三郎  
委 員 山田  明 ・ 山田 一孝 ・ 荒川 雅喜

活動方針
 
規定審議会等の情報を注視し、必要に応じてクラブ定款及びクラブ細則の改正案を作成する。
入会候補者の入会の適格の有無を審査し、入会適格者の面談に同行し入会を働き掛ける。
会員に情報を提供し理解を深めてもらう。
 
活動計画
 
1.
必要のある時に定款の改正案を理事会に提出し、クラブ細則の改正について理事会より諮問がある場合は、その改正案を答申する。
 
2.
入会候補者について、職業上及び社会的地位を調査し、委員会の見解を理事会に報告する。また、入会候補者の面談に同行しロータリークラブの入会を働き掛けると共にロータリークラブについて説明する。
 
3.
新入会員のロータリーへの理解を深めるため、数回オリエンテーションを実施する。
 
4.
例会においてロータリーに関する情報を提供する。

 
 
 
 
委員長 不動 信之  副委員長 安達 徳隆  
委 員 細川 好弘 ・ 柴田隆一郎 ・ 行方 将泰

活動方針
 
國立ガバナーの推進目標「とりもどそうロータリーの心」を受け止め、職業奉仕の基本理念をクラブ例会、移動例会などを通じて勉強して、ロータリーをわかりやすく理解して、会員が校正・公平な職業活動を通じて社会に奉仕することを目指し、河原年度の目標推進に一致協力する。
 
活動計画
  1. 地区職業奉仕委員長による卓話      9月13日(水)
2. 職場訪問研修例会の実施(2回予定) 2月21日(水)
3. 高校生の模擬面接に協力する     8月3日・4日(木・金)
4. 例会卓話の実施           1月31日(水)
5. その他

 
 
 
 
委員長 市毛  満  副委員長 宮崎 幸夫  
委 員 加地 明子 ・ 小松 幹志 ・ 藤沢 澄雄 ・ 山口 一史

活動方針
  社会奉仕は、ロータリアン一人ひとりが「超我の奉仕」を実証できる良い機会であり、地域住民の生活の質を高める手助けや公共の為に奉仕する事は、ロータリアンにとって社会的責務であると考え、地域社会のニーズに合った奉仕活動を目指し活動してまいります。
 
活動計画
  ・交通安全啓発運動の実施
・環境保全活動の実施
・清掃奉仕活動
・就職希望生徒に対する模擬面接指導
・桜木の植樹事業
・会員夫人との親睦活動実施
・新ひだか町民センター見学移動例会
・クラブ委員会は基より、各団体の奉仕活動協力

 
 
 
 
委員長 大森 康正  副委員長 福嶋 尚人  
委 員 平野井 繁 ・ 本庄 康浩 ・ 見上 久義 ・ 渡辺 利晴

活動方針
  世界で繋がるロータリークラブとして国際理解、親善、平和を推進するために、国際奉仕に関する活動やプロジェクトに対して積極的に参加・協力する
 
活動計画
  1. 国際奉仕活動の計画
2. 国際交流
3. 海外貧困エリアに対する支援プロジェクトへの参加・協力の継続

 
 
 
 
委員長 佐藤 雅裕  副委員長 西村 和夫  
委 員 川島 伸二 ・ 草野 喜昭 ・ 武岡 大佶

活動方針
 

地域レベル・全国レベル・国際レベルの人道的、教育文化交流プログラムを通じてロータリーの目的とロータリーの使命を遂行し、地域社会に奉仕活動を通じて貢献する。
国際理解と平和を達成しようとする国際ロータリーを支援します。

 
活動計画
 
1.
ロータリー財団プログラムの断続的な発展を支援するために年次プログラム基金として寄付するよう勧める。
 
2.
米山功労者及びポールハリスフェローへの支援・協力を勧める。


 
 
 
 
委員長 柏谷 孝夫  副委員長 長部 淳子  
委 員 在田 恒昌 ・ 谷本  亮 ・ 浪岡 雅一 ・ 廣島 貴史

活動方針
 

本年度の会長方針に基づき、会長・幹事および各委員会と連携し、例会をはじめ会議・会合が楽しく、秩序正しく運営されるように会場の設営と適切に会場監督の職務を遂行する。

 
活動計画
  1. プログラムに沿った例会場の設営を行う。
2. 月初めの例会に国歌とロータリーソング「奉仕の理想」を斉唱する。
3. 例会時に私語、又は秩序を乱す行為に対し注意と警告を行う。
4. 例会の秩序を遵守するため、不定期にロータリーバッチ着用の確認を行う。
 
 
 
 
委員長 吉田徳一郎  副委員長 山口 央志  
委 員 阪井 貞男 ・ 清川 里美 ・ 谷岡 康成

活動方針
 

地域の次世代の中心を担う青少年にロータリークラブの活動に関心持っていただきまた、活動を援助すると共に、事業に積極的に活動・参加する。

 
活動計画
 
1.
新ひだか町姉妹都市(レキシントン)交流事業の支援をする。
尚、実行詳細は新ひだか町と調整をする。
 
2.
新冠乗馬スポーツ少年団への支援(静内農業高校と合同交流大会)
 
3.
第21回 桜舞サッカーフェスティバル主催 5月4日〜5日開催予定
 
4.
静内ロータリークラブ杯 小学生バレーボール大会主催 7月29日〜30日
 
5.
RLYAセミナーに参加
 
6.
青少年活動の支援
・スポーツ奮闘賞 授与式
・家族会にて 青少年奨励賞 授与式
 
7.
模擬面接の協力や他青少年に関係する事業の協力
・高校生の模擬面接を実施するなど協力する
 
新規.
野球同好会全国大会
昨年の野球同好会全国大会にて甲子園に静内高校マネージャーを同行した。その反響が凄く良く、すごい良い評価を頂いた。野球同好会が甲子園大会に行く際は是非同行させてあげたい。
 
新規.
少年野球大会の協賛
静内ロータリークラブには野球同好会があるにも拘らず少年野球には協賛していない。12月からボールの規格が変わり全て新しくなるのでこれを機に協賛し、大きくなったらロータリークラブで甲子園目指してほしい。今年度は後援という形での協賛になりますが、今後は主催として2510地区ロータリークラブ野球大会の前夜に同地区の少年野球チームを集めた大会をし、前夜祭を盛り上げたい。

 
 

 
 
 
 
委員長 高田 敏文  副委員長 川村  学 

活動方針
 
年度に即した的確な予算執行の状況を常に把握するとともに、スムーズな会計処理を行う。
 
活動計画
 
・会計処理の状況を把握し、会長・幹事・事務局・各担当委員会との調整を図り、予算執行状況の報告を行う。
・会計処理にあたり、通帳・帳簿等の記帳、整理、保管状況の確認を行う。
・会計処理を厳格に行い、次年度の予算組み及び執行にあたり、的確に引継ぎを行う。