2020-2021年度 委員会委員名

委員会名 委員長 副委員長 委  員
 クラブ運営委員会 不動 新作 四ツ屋義道  クラブ各運営委員長
会報・雑誌委員会
(広報・IC担当)
河田  貢 橋本 貴美 安達 徳隆 ・ 高田 敏文 ・ 日暮 孝男
山口 央志 
親睦活動委員会 在田 恒昌 福田 正和 長部 淳子 ・ 北上 美徳 ・ 木村 千晶
酒井 秀紀 ・ 外山 宗史 ・ 向井 悟実
吉田 尚永
組織増強委員会
(会員増強・職業分類担当)
長浜 和也 西村 和夫 樋渡 祐士
プログラム委員会 佐藤 雅裕 河原 秀幸 草野 喜昭 ・ 本庄 康浩 ・ 見上 久義
50周年実行委員会 山口 俊秀 西村 和夫
富岡  豊
山田  明
不動 新作 ・ 四ツ屋義道 ・ 河原 秀幸
高田 敏文 ・ 廣島 貴史 ・ 福田 正和
 職業奉仕委員会 山田  明 土屋 祐喜 小國 和紀 ・ 小坂 政成 ・ 佐藤 和茂
行方 将泰
 社会奉仕委員会 不動 信之 田村 直人 安達 徳隆 ・ 遠藤 敏弘 ・ 長部 淳子
田頭 喜秀
 国際奉仕委員会 加地 明子 富岡  豊 海原 弘行 ・ 柴田隆一郎 ・ 平野井 繁
 ロータリー財団委員会 山口 一史 櫻井 裕美 小松 幹志 ・ 武岡 大佶 ・ 谷本  亮
 青少年奉仕委員会 市毛  満 高田 敏文 阪井 貞男 ・ 廣島 貴史 ・ 吉田 尚永
渡辺  亮
 規定委員会
(定款・細則・情報・会員選考担当)
富岡  豊 細川 好弘 中山弘三郎 ・ 山田 一孝
 会場監督委員会
 (出席担当)
谷  勇市 中畑 譲司
住友 順一
嵐  忠一 ・ 石垣 勝英 ・ 近藤 雅裕
谷岡 康成 ・ 橋本 貴美 ・ 藤沢 澄雄
宮崎 幸夫



 
 
 
委員長 不動 新作  副委員長 四ツ屋義道  委員 クラブ各運営委員長

活動方針
 
 クラブ運営が円滑に行われる様に各クラブ運営委員会委員長と意思疎通を図り会長の元、 本年度の事業に基づいて事業の推進に努めると共に、次年度のクラブ運営活性化に繋げる委員会運営に努めます。
 
活動計画
  1. 各委員会相互の調整により事業計画の実行に努める。
2. 会員の意見集約の場を設け、次年度活動の指針とします。




委員長 河田   貢  副委員長 橋本 貴美
委 員 安達 徳隆 ・ 髙田 敏文 ・ 日暮 孝男 ・ 
     山口 央志

活動方針
 
・クラブ会報を通じて、クラブの現況および委員会等の活動状況を周知し会員相互の理解と意識
 の向上を図る。
・ロータリー雑誌を毎月会員へ配布し、ロータリーへの見識を深める一助とすると共にロータリ
 ーへの関心と認知度を高める目的として公共施設等へ雑誌を閲覧に供する。
・報道機関等への情報提供や取材要請をし、ホームページを運用することによりクラブの活動の
 周知に充てる。
 
活動計画
 
1.
毎月『ロータリーの友』を配布し、また、例会にて記事の紹介を行い、ロータリーへの関心を深める。
 
2.
クラブ会報は例会毎に発行し、次の例会には配布出来るように努める。
 
3.
会報の内容については『会長の時間』『理事会の決定事項』『幹事報告・委員会報告』『ゲスト・会員卓話の内容』『その他の必要事項』を掲載する。
 
4.
公共施設等へ『ロータリーの友』を配布し、一般の人々に閲覧してもらう。
 
5.
報道機関関係者を年度初めの夜間例会に招き、ロータリーと静内クラブの活動をPRし懇親を図る。他の委員会の活動を報道機関へ情報提供したり、取材要請をする。
 
6.
ホームページの管理をする。効果的な活用方法の検討や記事の更新などを行い多方面への活動PRツールとして有効的に運用する。




委員長 在田 恒昌  副委員長 福田 正和
委 員 長部 淳子 ・ 北上 美徳 ・ 木村 千晶 ・ 
     酒井 秀紀 ・ 外山 宗史 ・ 向井 悟実 ・ 
     吉田 尚永

活動方針
 
 親睦活動委員会は、会員間の好意と友情を深める為、親睦活動を通じて、ともにその場にいる事が楽しい有意義であると、実感できる、クラブ運営に貢献致します。又、クラブ会員一人ひとりが輪から外れることなく、会員同士が声を掛けあい、奉仕の心を育む場を提供できる事を目指します。
 会員皆さまの温かいご理解とご協力、そしてご支援をよろしくお願い致します。
 
活動計画
 

◇委員会
 1. 委員会を夜間例会毎に開催します
 2. 各事業は、委員会全員で取り組みます。

◇例 会
 1. 委員は、例会開始30分前に集合し、にこにこボックスへの協力依頼を行うとともに、
   例会場入口に整列して会員全員に声掛けして温かくお迎えします。
 2. ビジター・ゲストの方には礼を尽くして歓迎します。
 3. S.A.A.に協力し、例会運営に協力します。
 4. 例会時に、にこにこボックスの報告をいたします。

◇特別例会
 ・12月23日(水)クリスマス家族例会
 ・1月13日(水) 新年特別例会(年祝い)
 ・5月12日(水) 観桜会特別例会
 ・6月30日(水)  創立50周年特別例会
           3C合同特別例会

◇お祝い行事
 1. 毎月第一例会にて、会員・配偶者の誕生日のお祝いと報告を行います。
 2. 新年特別例会にて、長寿・年男のお祝いと報告を行います。

◇同好会
  同好会により会員間の親睦を図ります。
  1. 野球同好会
  2. ゴルフ同好会
  3. パークゴルフ同好会
  4. 麻雀同好会
  5. ボーリング同好会
  6. 旅行同好会

◇新会員歓迎会
  新会員との親睦をより一層深めるため、前期・後期各一回程度開催します。

◇懇親会
  会員間の親睦をより一層深める為、例会後に懇親会を開催致します。




委員長 長浜 和也  副委員長 西村 和夫  
委 員 樋渡 祐士

活動方針
 
 ロータリーの継続と繁栄の為に新しい仲間の勧誘を進めると共に、本年度の会長の意向を反映し、2名の増強を目標と致します。  

1.  ロータリー活動の理解を十分に知ってもらったうえでの増強に努める。
2. 規定委員会と連携を取り、職業分類を意識しながら勧誘に努める。




委員長 佐藤 雅裕  副委員長 河原 秀幸 
委 員 草野 喜昭 ・ 本庄 康浩 ・ 見上 久義

活動方針
 
 クラブ会長の活動方針、クラブ運営方針を最大限に生かせるようなプログラムを計画します。ゲスト卓話を重視し、会長・幹事・各委員会と連携を密にし充実した例会となるよう努めます。
 
活動計画
   新型コロナウイルス感染症の『緊急事態宣言』が解除されたとは言え、『第2波・3波』 到来が心配され、まだ終息の兆しが見えない厳しい状況下でございますので、変更可能な計画といたしました。


委員長 山口 俊秀  
副委員長 西村 和夫 ・ 富岡  豊 ・ 山田  明
幹事長 廣島 貴史  委員長・委員 全会員

活動内容
 
 現在、新型コロナウイルスの感染が終息しない中、大森年度において静内ロータリークラブ創立50周年を迎えるにあたり、感染拡大の状況を把握しながら事業規模及び事業内容を委員長会議で精査し詳細について検討する事としたい。  
 昨年度において、主要となる役員が退会し欠員となっているポストの補充を早急に行い、 今後の活動の適正化を図りたい。 会員全員参加にて成功裏に終了できますよう協力願います。
 
活動計画
  1.実行に向けた役員会の開催。
2.各委員会での事業の準備検討。
3.『創立50周年記念式典』(令和3年6月26日 土曜日開催予定)の成功。



委員長 山田  明  副委員長 土屋 祐喜  
委 員 小國 和紀 ・ 小坂 政成 ・ 佐藤 和茂 ・
     行方 将泰

活動方針
 
 ロータリアンとして、職業を全うする職業人として、自らの職業活動の中で地域社会に奉仕する。
 
活動報告
 
1.
移動例会を取り入れて、広く社会勉強を図る。
 
2.
高校生の職業選択への応援活動として、就職活動の模擬面接の実施に協力をする。
 
3.
職業奉仕に関連した卓話等を計画し、ロータリー精神の基本となる『四つのテスト』 の理解を深める。



委員長 不動 信之  副委員長 田村 直人  
委 員 安達 徳隆 ・ 遠藤 敏弘 ・ 長部 淳子 ・
     田頭 喜秀

活動方針
   地域社会のニーズに応える奉仕活動を目指し、社会福祉や自然環境の保全及び人材育成のため未来を担う子供たちが健やかに成長していける環境整備に努め、地域に対して的確な社会奉仕活動を目指すことを活動方針とします。
 新型コロナウイルス感染症の今後の動向を見極めたうえで感染症対策に特化した、骨太の社会奉仕を模索する。
 
活動計画
  1.環境保全活動の実施
   ・二十間道路桜並木の桜成木植樹奉仕(地区補助金申請済み)
   ・静内川左岸清掃奉仕作業
2.社会福祉及びスポーツ振興における奉仕活動
3.交通安全啓発運動の実施
4.社会奉仕活動に関わるゲストの卓話の実施
5.その他
  ※新型コロナ感染症の状況により対応が変わることもあります。



委員長 加地 明子  副委員長 富岡  豊  
委 員 海原 弘行 ・ 柴田隆一郎 ・ 平野井 繁

活動方針
  国際理解・親善・平和を推進するために、国際奉仕に関する活動やプロジェクトに対して積極的に参加協力する。
 
活動計画
  1. 国際奉仕活動の継続
2. 国際交流
3. 海外貧困エリアに対する支援
   特定非営利活動法人NGOアフリカ友の会支援



委員長 山口 一史  副委員長 櫻井 裕美  
委 員 小松 幹志 ・ 武岡 大佶 ・ 谷本  亮

活動方針
 

 ロータリー財団について、クラブへの情報を提供し、財団プログラムへの理解と協力を深められるように努める。更に、各委員会との連携を深めるように努める。

 
活動計画
 
1.
ロータリー財団への年次寄付を全員で達成できるように、理解と協力を進めます。
 
2.
米山奨学会への支援を進める。
 
3.
ロータリークラブによる災害復興支援活動
 
(新型コロナウイルス関連のプロジェクトを含む)の支援を検討する。




委員長 市毛  満  副委員長 髙田 敏文  
委 員 阪井 貞男 ・ 廣島 貴史 ・ 吉田 尚永 ・ 
     渡辺  亮

活動方針
 

新型コロナ禍の中にあって、皆でのりこえる為にも行動を考えなくてはいけない時

 
活動計画
 
 事業としては、例年と同じ計画を組む事が出来ればと思いますが、現状の新型コロナ禍の中にあって、治療薬・ワクチンが出来るまでは我慢する時、その中でロータリアンとして今何が出来るかと思う時、青少年奉仕委員会としても子供達にうつらないための予防とうつさないように行動する大切さを理解してもらう為にも、感染拡大防止の取り組みを着実に進める事業として、学校・幼稚園等における感染リスク低減の為、マスク・消毒液・非接触型体温計などの衛生用品の整備支援を行う事を考えます。
※その間に通常の事業を行う事が出来る環境になれば対応していきたいと思います。




委員長 富岡  豊  副委員長 細川 好弘  
委 員 中山弘三郎 ・ 山田 一孝

活動方針
 
クラブ定款・細則について必要に応じて理事会の要請により改定案を作成し、会員に対しては、ロータリーへの理解を深めてもらうための情報提供を行う。
 
活動報告
 
1.
手続き要覧とクラブ定款を照合し、必要あるときは定款の改正案を作成し、理事会に報告する。
 
2.
クラブ細則の変更について理事会から要請があったときは検討して改正案を作成し、 理事会に報告する。
 
3.
新会員のロータリーへの理解を深めるため、適時にオリエンテーションを実施する。
 
4.
例会時にロータリーに関する情報を提供する。




委員長 谷  勇市  副委員長 中畑 譲司 ・ 住友 順一  
委 員 嵐  忠一 ・ 石垣 勝英 ・ 近藤 雅裕 ・ 
     谷岡 康成 ・ 橋本 貴美 ・ 藤沢 澄雄 ・

     宮崎 幸夫

活動方針
 

 本年度の会長方針に従い、会長・幹事並びに各委員会と連携を密にし、例会並びに会議等が厳格の上にも、明るく楽しく有意義なものになるような会場づくりに努める。  さらに出席については、例会出席者の取りまとめし、例会運営をスムーズにする。又、メーキャップ等の管理をし、出席率を把握する。

 
活動計画
 
会場監督について
 
1.
プログラムに沿った例会・会議等の会場設営を行うとともに、会議がスムーズに進行するよう努める
 
2.
例会において国歌(月初め)・ロータリーソングの斉唱を行う。
 
3.
例会の秩序を遵守するために、ロータリーバッチの着用の徹底に努める。
(不定期に着用の確認を行います)
 
4.
創立50周年記念式典を成功裏に導くために万全を期す。

 
出席について
 
1.
年度初めに年間スケジュールを作成・送付し、出席の向上を促す。
 
2.
出席率をクラブ会報に掲載します。
 
3.
例会出席率100%の会員バッチを贈呈します。



委員長 掛川  亨  副委員長 渡辺  亮 

活動方針
 
今年度に即した的確な予算執行の状況を把握するとともに、スムーズな会計処理を行う。
 
活動計画
 
1.
会計処理の状況を把握し、会長・幹事・事務局・各担当委員会との調整を図り、予算執行状況の報告を行う。
 
2.
会計処理にあたり、通帳・帳簿等の記帳、整理、保管状況の確認を行う。
 
3.
会計処理を厳格に行い、次年度の予算組及び執行に当たり、的確に引継ぎを行う。