会 長
真 下  明

 
幹 事
高 田 敏 文



 
 

 テーマ 


『地域と関わり、存在感ある         

       ロータリークラブとしての役割を果たす。』




 活動目標 
 「クラブ会員一人一人が、クラブ活動や他団体での活動を通して地域貢献をする事はもとより、個人が職業を通して継続的な地域貢献や、ボランティア活動等によって、これからの地域を支えて行く必要があると考えます。改めて言うまでもなく、クラブ会員の皆さんは地域社会との関わりを持ち活動をされておりますが、この一年を通して会員の皆さんが積極的に地域と関わり、存在感あるロータリアンとしての役割を果たし、本当の意味での必要とされるロータリークラブとして行く事を目指します。」
 



 活動目標 
1.
各委員会活動の見える化を図る。
 
2.
会員の出席義務の底上げを図る。
 
3.
例会・理事会・委員長会議等の連絡強化を図る。
 
4.
クラブ活動の見える化を図り、広報活動に努める。
 
5.
青少年育成事業として修学支援を計画する。